良縁-その先の人生を見つめて

第6章 三十五年の歴史の重み ― 父、宮原嘉寿のこと

車を使ったクリーニング業を展開していた時代

全国仲人連合会の創立者、宮原嘉寿は、大正十三年に熊本県で生まれました。太平洋戦争勃発後、最後の徴収兵として戦地に赴き、終戦を迎えたのは二十一歳のとき。その後しばらくシベリアに抑留されました。
シベリアから帰還後、熊本から上京し、最初は弁護士の先生の書生となって弁護士を目指したようです。しかし、弁護士という仕事は、和解させて途中で決着がつくことが多いため、双方それぞれに妥協が求められます。結局依頼者は全面的には納得できないまま弁護士に費用を支払うことになり、父にはあまり良い職業には見えなかったようです。その後、弁護士になることをあきらめました。
当時は、田舎の中学校で校長をしていた叔父の紹介で、中学を卒業した若者が大勢、東京に集まってきました。父はそうした人たちを雇い、車上でクリーニングする仕事を思い付きます。ひと口に「クリーニング業」と言いますが、いったん父が手掛けるとなるとそれまでの「クリーニング業」の概念を一新させるような新しいアイディアを次々と思いつき、それを実現していきました。まず、車内でクリーニングできる車を大手電機メーカーと自動車製造会社とで造ってもらい、特許をとりました。そして、それに乗ってそのころたくさん建てられた団地を回って、その場ですぐにクリーニングできることを売り物に、販路を広げていきました。最初の一枚は無料で引き受け、きちんとそれを仕上げてみせると、一気にお客さんが増えたそうです。
月末集金が当り前だった時代に、回数券を思い付いたのもそのころです。当時のクリーニング業は、お米や醤油などと同じように、月末に精算する方法をとっていたのですが、お金を回収することができなくて店がうまくいかなくなるということも多々あったようです。そこで、たとえばワイシャツ十枚分の料金で、十一枚分の回数券を発券するという前金制度を考えつき、事業を拡大していきました。車に乗ってどんどん販路を広げていくわけですから、他のクリーニング店にとっては、自分の領分を侵されるのではないかといった危機感から「子どもを誘拐するぞ」といった脅しや嫌がらせなどもされたようですが、父は気にしませんでした。
現在、クリーニング店のほとんどが前金制をとっていますが、父はそれを回数券という形で先取りして始めていたというわけです。小さな道に入っていって各家庭を回っていたため、父は抜け道や路地など、どんなに小さな道でもたいへん詳しく、よく知っていました。
ところが、高度成長期が始まり、高校進学率が高まるにつれ、地方から上京してくる青年たちは「金の卵」と呼ばれるようになり、これまでのような人手のやりくりがむずかしくなってきました。加えてモータリゼーション化で道路を走る車の数も増え、渋滞に巻き込まれることが多くなって、仕事の効率も悪くなっていきました。

トップへ戻る